Gay Travel Asia site

中華電信・松山国際空港(2012年9月)

中華電信・松山国際空港

*以下は2012年9月現在の情報です。最新情報の入手をおすすめします。
*2012年7月に桃園国際空港の中華電信の情報を更新しています。
中華電信・桃園国際空港T2(2013年7月)

9月の台湾旅行の帰りが松山空港からの帰国でした。本来は必要ない(直後に帰国)ですが、次回に備えてSIMカードを購入しておきます。

中華電信のカウンターの場所は・・・忘れました。それほど広くない空港ですのですぐわかると思います。写真のカウンターを探してください。営業時間は6時から22時までの営業です。

DSCF0403

係員は男性と女性の2名体制。幸いにもこの時は誰も他のお客さんがいなくて、サクサクと手続きをすることができました。ただ話によると、ここも日本からの便が集中するとお客さんでいっぱいになるらしいです。特に松山空港はここの中華電信しか選択肢はありません。ツアーなどで来た方や時間のない人は厳しいものがありますね。

DSCF0400

カウンターに置いてあります。

DSCF0402

左側のチラシの日本語部分の拡大です。
光って見づらくてスイマセン・・・

出国前にSIMカードを購入してみました。時間は16時30分ころ。男性係員が対応、日本語は話せませんでした。英語での対応です。基本的な話の内容は桃園空港と同一ですので省略します。

SIMカードの値段が上の右の画像。300元(NT$300)で350元分の通話が使えるということ。同様に500元で600元、1000元で1330元分。続いて下の画像が定額データ通信の金額。これは購入したSIMカードの金額からこの分を差し引いて定額データ通信が可能というものです。

具体的に書きますと最初に300元のSIMカードを購入したとします。これには50元分のボーナスが付加されて合計350元分のSIMカードとして使えます。次に3日分の定額データ通信が必要とします。下の画像を見ますと「3日間 250NT$」と書いてあります。これは、このSIMカード(350元分)から250元を充当させれば3日間の定額データ通信が可能、ということです(その為の手続きは必要)。残りは100元分は通話や次回に残しておくことができます。

私は今回300元のSIMカードを購入しましたが、1000元分を購入しておけば良かったかな、と後悔しています。私は確実に次回も行きますし、チャージする手間やボーナス分を考えるとそのほうがお得ですよね。ただ台湾のSIMカードは有効期限が180日ですので、それだけは注意が必要です。

手続きは例によって適当英語でOK。ここも日本人の扱いには慣れてますので安心できます。スマートフォンを手渡せばその場で設定もしてくれます。ただビックリしたのは、この時は西門で買った「XPERIA P」(後述)を渡したんです。SIMカードがマイクロSIMだったんですよ。なんと通常サイズのSIMをその場でガッチャンコしたんです( ゚Д゚)。

話には聞いていましたが、まさかって感じ・・。だって日本でドコモのショップ行って、その店員が客の目の前でSIMカードをガッチャンコするってことでしょ。外部のショップならまだしも直営店だよ。ないわ~(笑)。

 

IMG_00012IMG_00023

IMG_0004IMG_0005

表紙と日本語の説明です(こういうものを写真に撮ってwebに載せても、いいものなのでしょうか?)
必要な情報は日本語で書かれてあります。これは親切。あと音声ガイダンスにも日本語の選択があるみたいです(確認していません)。中華電信は日本人が安心して使える環境を整えてくれてますね。

これの説明書を見ると1日の定額データプランもあるみたいです。

*注*
3日プラン、7日プランでは、定額データ通信を申し込んだ日は含まれず、翌日から課金です。最終日の23時59分まで使えます。3日プランで、実質4日間使えるというわけです。3泊4日の台湾旅行にぴったしのプランです。1日プランでも同じように実質2日利用できるか不明です。

Copyright © GT-Asia.net All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.