Gay Travel Asia site

台湾大哥大・桃園国際空港T2(2013年7月)

台湾大哥大(台湾モバイル)・桃園国際空港第2ターミナル

*以下は2013年7月現在の情報です。最新情報の入手をおすすめします。
*過去記事も参考にしてください。
台湾大哥大・桃園国際空港T2(2012年9月)

13年7月下旬、成田より台湾に旅行に行ってきました。その時に桃園国際空港の台湾モバイルのカウンターで追加チャージとデータ通信の申し込みをしてきましたので記載しておきます。初回のプリペイドシム購入についても書き加えてあります。既存の「台湾大哥大・桃園国際空港T2(2012年9月)」も参考にしてください。

桃園国際空港の場合、日本からの便は第2ターミナルに到着します。LCC(格安航空会社)の場合はどうなのでしょうか?まず自分の乗る便が、どのターミナルに着くか調べてからこれをご覧になってください。

通信会社各社のカウンターがあるのは税関を抜けて左、その先を左。

aP7280007-1
若干画像を明るく加工しています。
わりと通路自体が薄暗くて見つけにくいかもしれませんが、税関を抜けて左左と行けばカウンター群が見えます。

カウンター左から、中華電信(Chunghwa Telecom)・台湾大哥大(Taiwan Mobile)・携帯レンタル会社?・遠傅電信(Far EasTone)です。

台湾モバイルのカウンターは左から2番目。画像見てわかるとおり、この日は1組の方が手続きしている他は、並んでいませんでした。ここのところドコモがスマートフォンのシムフリー化をやるようになって、台湾に観光で来られる方が現地のシムを使って安くデータ通信をするのが、一般的になってきました。その為、日本からの便が到着すると、かなりの数の人が並ぶようです。ツアーで行かれる方は注意が必要ですね。

この日のカウンターにいた係員は男性2名。日本語はできませんでした。英語でのやりとりです。

まず表の看板と、定額データ通信を申し込む時に必要な通信費の画像を載せておきます。

aP7280005-1IMG0012
表の看板と定額データ通信の費用。

看板から初回のシムを購入するときの値段と定額データー通信を必要とする人のプランですね。
看板と右の定額データ通信費用を見比べて以下をお読みください。

左は5日間の定額データ通信(350NT$)と通信費(250NT$)分で本来なら600NT$が500NT$で提供。
中は10日間の定額データ通信(600NT$)と通信費(550NT$)分で本来なら1150NT$を800NT$で提供。
右は定額データ通信のプランがなくて、通信費だけで345NT$。割引なし。

なぜ右のプランがあるかというと、この通信費(345NT$)を使って定額データ通信を申し込めるからです。

例えば、3日分だけ定額データ通信が必要であれば看板の左、5日間の定額データ通信は必要ないし無駄ですよね(実は無駄ではないのですが)。その場合はこの右のプランのシムカードを購入して、これから3日間のデータ通信費(250NT$)を差し引いて残り(95NT$)を通信費として残して置けるわけです。もちろん1日間の定額データ通信プラン(100NT$)を申し込んでもOKです。

で、初回で5日間のデーター通信を申し込む場合。これが巧妙に設定されてるんですよ。
5日間の定額データ通信プランは350NT$ですよね、看板の右のプランの345NT$では足らない。じゃあ345NT$のプランに、あと100NT$だけ足して445NT$にすればOK!と思いますよね・・・でもそれはできないんです。

なぜなら、このカウンターでのミニマムチャージが300NT$だから。要は300NT$からしか追加のチャージは受け付けないですよ、てことです。345NT&+300NT$=645NT$

てことで看板をもう一度見てみましょう。左のプラン。こちらの方が「お得」です。

実は3日間の定額データ通信を申し込む時でも、左のプランを申し込んでも一緒です。
ただし前提として購入したシムを失効させずに次回も使う予定のある人に限り、ですが。

先程も書きましたが345NT$のカードを購入して3日間の定額データを申し込んで残りが95NT$。
看板の左のプランが500NT$。345NT$との差額が155NT$。上の残り95NT$をたして250NT$。
残りの通信費は計算上で250NT$。プランAの残高通信費は250NT$。。。同じでしょ。

英語ができない、やりとりが面倒くさい、という人で5日以内の定額データ通信を申し込みしたい人は、カウンター行って、初めに看板を指差して「プランA、プリーズ」でOK!だと思います。
あと4日間とか、3日間だけじゃあちょっとだけ足りない、なんて人も最初からプランAで申し込んでもよろしいかと思います。

ただ、重ねて書きますがシムカードを失効しないで次回も使える人は、ですよ。購入した日から180日有効です。その間に追加のチャージをすれば、その日からまた180日有効期限が伸びます。失効すると残った通信費(250NT$)が無駄になっちゃいますからね。(救済する方法もあるみたいですけど、確認は取れていません)

続いてカウンターでの追加チャージについて。

aP7280006-1

先程も書きましたが、こちらのカウンターでは300NT$がミニマムチャージです。

今回、このカウンターで定額データ通信を申し込んだんですが、その時の残高が95NT$。300NT$追加チャージ(実際は看板に書いてあるとおり350NT$)で445NT$。3日間の定額データ通信を申し込んで-250NT$。残った通信費が195NT$。

台湾モバイルは、開始した時間が定額データ通信のスタート時間です。
今回は7月28日の18時過ぎに申し込んだので、有効期限は31日の18時48分まで。
定額データー通信プランの紙に最終日時を書き込んでくれます(上の画像参照)。

追加チャージを申し込みする際に必要なものは「シムカードの電話番号」「パスポート」です。
「シムカードの電話番号」これは忘れずに控えて申し込んでください。

実際に私は電話番号を控えてなくて狼狽えてしまいました。幸い最初に契約した時にもらった電話番号の書かれてあるパンフレットを持っていったので事なきを得ました。

「パスポート」は空港ですので問題ないですね。初回にシムカードを買うときに求められた、もう一点の身分証明書(免許証とか)の提示は言われませんでした。

◎台湾モバイルのオンラインでのチャージについて一言触れておきます。

今回、在台湾中に台湾モバイルでオンラインの会員登録をしてきました。
会員になることにより、オンラインからクレジットカードでチャージが出来るようになります。

詳しくはこちらのblogを参照にしてください。
台湾モバイル(台灣大哥大)プリペイドSIMをオンラインでチャージする
こちらのblogとおりに実行して問題なく会員登録できました。ありがとうございます。

Copyright © GT-Asia.net All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.