Gay Travel Asia site

遠傅電信・西寧南(西門町)直営店(2013年7月)

遠傅電信・西寧南(西門町)直営店

*以下は2013年7月現在の情報です。最新情報の入手をおすすめします。
※注※
台湾でのプリペイドシムの購入には「パスポート」と「身分証明書(免許証等)」の提示が必要です。

7月下旬に台湾に行ってきました。空港ではなく街中で遠傅電信のプリペイドシムが購入できたので記載しておきます。ツアーとかで空港で購入ができなかった方。街中でプリペイドシムが買いたい、と思ってる人は参考にしてください。

今回購入できたのは西門町の遠傅電信の直営店。
場所は西門町のオタクビルで有名な萬年商業ビルの道路挟んだ向かいのビル。

P7300091
右のビルです。

P7300087
正面が入口

最初は特にプリペイドシムを買うつもりで入ったわけではないのですが、これが目に入りました。

P7300083
外からの撮影です。

IMG0013
色合いが変ですが、パッケージの画像です。

これって、プリペイドシムカードじゃね?
フロアーにいたお兄さん手招きして・・・

自分  「これ、プリペイドシム?」(一応英語で言った)
兄さん 「そうです」(英語で言ってたけど、そんな感じ。以下同)
自分  「1つ、ください」
兄さん 「パスポートとID持ってますか?」
自分  カバンからパスポートと免許証を取り出して「ハイ」
兄さん パスポートと免許証を確認して・・・「OK!」

ここまでの、お兄さんとのやり取りを思いだすに、手馴れてる感はありました。英語も堪能でしたので、ひょっとしたら空港のカウンターで勤務したことがあるのかもしれません。それとも遠傅電信ではプリペイドシムカードを販売してる店舗では、この程度のスキルを持ってる店員がいるのかもしれません。逆にこの店員が優秀で他の店舗では、こうはいかないかもしれません。
ともかくこのお兄さんが居たおかげで、この後もスムーズに事が進みました。

カウンターに案内される。この日は平日の14時過ぎで比較的空いていました。

兄さん カウンター担当のお姉さんに引き継ぎ・・・が、お姉さん英語が全然できません。
兄さん 「スマートフォンはシムフリーですか?」
自分  すかさず手持ちの XPERIA P(台湾で購入)を差し出す。
兄さん 「定額データ通信は1日で良いですか?」
パッケージ見てわかるように、350NT$の通信費に100NT$の1日分の定額データ通信がセットになったものです。定額データ通信の詳細については後ほど記載します。
自分  「3日の定額データ通信が、いいのですが・・・」
兄さん 「ハイ、大丈夫ですよ」

兄さん 「これから一度テストをします。いいですか?」
自分  どうもカウンターのお姉さんがテストするみたい。スマホの言語を変えようとしたら、お兄さんがすかさず意図を読み取ってくれて、ささっと言語変更(繁体字)に変えて、お姉さんに渡してくれました(やっぱ優秀だよ、この兄さん)。
お姉さん 手持ちのシムで何かテストしています。お兄さんはその間フロアーに戻って自分の仕事。

お姉さん テストも終わって何か伝えたいことがあるみたいだけど、英語ができないので再度お兄さんを呼ぶ。
お兄さん 私に対して何か説明をしてくれたのですが正直、私には理解できませんでした(私も英語できません)。
自分  分からないまま全部に「OK」「OK」を連発。手続き終了。お兄さんフロアーに戻る。
お姉さん 「350円ね。」支払いして完了。

帰り際にお兄さんに挨拶して退出。
APNの設定も済んでいて既にデータ通信が可能になっていましたし、言語設定も日本語に戻っていました。
あ、microSIMは無いみたいです。通常のシムをカットして入ってました。

全体的な感想として、空港より所要時間はかかります。時間を計ってなかったので正確には言えませんが、空港での手続きの倍の時間は必要と思われます。また、今回はカウンターが空いていたのですぐに手続きに進めましたが、混雑時は当然カウンターが空くのを待たなくてはなりません。

あとやはり、このお兄さんの存在が大きかったですね。カウンターのお姉さんとの、やり取りで手続きしなければいけなかった事を考えると寒気がします。手馴れた店員が居るか居ないかで、手続きのスムーズ・所要時間に大きな差が出てくると思います。

結論としてプリペイドシムを購入するには、できる限り空港で購入したほうが良いと思います。
空港で買えなかった人、追加で試しに買ってみようという人、とか何かしら理由がない限り、私としては街中でのプリペイドシムの購入はお勧めできません。ただ街中で購入できるのは旅行者には大変ありがたい事実です。
手馴れた定員さんが居ることを祈って、買いに行きましょう(笑)。

パッケージの裏の説明文です。
IMG_00011IMG_00012

以下次回・・・

Copyright © GT-Asia.net All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.