Gay Travel Asia site

プリペイドSIMカード情報

香港でのプリペイドSIMカードの情報

(2013年6月現在)

HK_SIM_o

香港では数社の通信事業者がプリペイドSIMカード(以下SIM)を発売しています。通信品質については、どこの通信事業者でも、それほどの差はないようです。

いずれも2.1GHz帯のHSDPA(3.5G)に対応しており、SIMロックが解除してあれば、ドコモのスマートフォンでも利用可能です。またSIMフリーのスマートフォン(iPhone含む)であれば当然、問題なく使用可能です。(詳しくは「海外で使うための基本」の項目を参照にしてください。)

※情報によりますと現地ユーザー向けに、LTEサービスも始まってるみたいです。そのうちプリペイドLTEサービスも、開始されるかもしれません。

※「中国移動(チャイナモバイル) 香港」で、プリペイドLTEサービスが開始されてるみたいです。
パーム喫茶blog
China Mobile HK(中国移動香港)のLTEプリペイドSIM発売中

そうしますと旅行者としては、やはり入手性のいいSIM、NETで情報量の多いSIM、が購入の選択肢になるのではないのでしょうか。通信料金も関係すると思いますが、短期の旅行者であれば、通信料金よりも上記の2点を重視したほうが、私は得策だと思います。

ただ、いま調べながらこれを書いていますが、結局どれが正解かよくわかりません。
個人的には「3(Hutchison)」のSIMが、情報量が多くて旅行者には最適なような気がします。が、空港以外での入手性が悪いような気がします。事前にNET(Amazon等)で入手しておくか、空港で手に入れることをおすすめします。

あとは、オンラインでチャージが出来るかでしょうか。

香港のプリペイドSIMの有効期限は、ほとんどが180日です。香港に限らず一般的にチャージをしたら、その日からまた有効期限が伸びる(香港の場合180日)、というのが普通です。ですので日本でオンラインチャージができれば、有効期限を伸ばすことができて、次回に行くときにまたSIMを買う必要がない、ということ。また事前にチャージしておけば、現地に着いた瞬間にデータ定額のプランを設定して、スマホを有効活用できます。
予め現地でリチャージカードを買って帰る、という手もありますけどね。

香港で発売してる主なプリペイドSIMカードは以下のとおり。

◎3(Hutchison) Hong Kong

国内のサイトで情報を載せてるのはこの「3」が一番多いかな。
今回(13年6月)では2種類のカードを使ってみました。
詳しくは別項目で記載します。

オンラインチャージ対応です。

◎CSL(One2Free)

入手性は良いように思います。今回(13年6月)街中のSIMカードを販売してるショップで購入しました。
「Mini SIMに切込入りのMicro SIMカード」、及び「Nano SIMカード」と発売しています。
オンラインでクレジットカードを使ってチャージできます。

詳しくは別項目で記載します。

◎PCCW(中国語:電訊盈科有限公司)

使ったことはないので購入場所等、詳細ははわかりません。
ググるか、以下のサイトを参考にしてください。

Weftlink
香港で現地プリペイドSIMを使ってモバイルデータ通信をする方法

◎中国移動(チャイナモバイル) 香港

コンピニや街中では、この中国移動のSIMが一番多く販売されてました。
おそらく入手性はかなり高いと思われます。

ただ情報がいまいちよくわからなくて「プリペイドSIMだとGSMのみ対応」という情報もありますし
「標準サイズのものしか存在せずSIMカッターが必要」とかで、Micro SIMサイズが無いのは旅行者には
使いづらい面もあります。(ちなみに私は海外旅行のときSIMカッターは持ち歩いていますが(笑))
※LTE対応のSIMが発売されたみたいです。

以下のサイトを参考にしてください

ITmedia PC USER
「中国・深セン2013年」編

パーム喫茶blog
中国移動香港(Peoples)のプリペイドSIM

こちらの山根さんの記事はブログも含めて、SIM&スマホ関係の全て私の情報元です。
海外でスマホを活用しようとする人は、これ以外の記事・ブログも読んでおくことをおすすめします。

Copyright © GT-Asia.net All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.